信頼できる司法書士を見つけたい

司法書士として専門分野をはっきりさせる

司法書士として、仕事の受注をしたい場合、どうしたら良いのでしょうか。
その場合、司法書士としての立場から考えても見えないことが多いのです。
大事なことはお客さんの立場から考えるということです。
お客さんが司法書士に仕事を依頼する場合、司法書士の資格さえあれば誰でも良いとは考えないでしょう。
きっと依頼したい事項に精通している司法書士に頼みたいと思うはずです。
ですから、漠然と何でもやります的なゼネラリスト司法書士よりも、○○専門というようなスペシャリスト司法書士として名前を出したほうが受注がきやすいのです。
○○専門と名乗ってしまうと、別の分野の依頼を捨ててしまう感じがして、なかなかそれが出来ないという方が多いのですが、ゼネラリストとしてやっていても仕事があまりないなら、思い切って特定の分野に特化してみるのも一つの戦略です。
そうやって受注できるようになったら、その依頼者から別の分野の依頼も受注できたりするものです。
私は自信を持ってこの立川 司法書士のサイトをお勧めします!